富山市、大和ハウスと基本協定を締結<ネット・ゼロ・エネルギー・タウン構想>北陸初、全戸に3電池搭載:太陽光発電システム+家庭用リチウムイオン蓄電池+家庭用燃料電池

[画像・上:住宅街区イメージ] 富山市は4月28日、同市が進める「セーフ&環境スマートモデル街区整備事業」に関して大和ハウス工業と基本協定を締結した。同事業は公民が連携して公共サービスの提供を行う事業(PPP)で、大和ハウスは今後、公共施設(公民館、地区センター、図書館分館)を建設し、富山市に売却する。住宅街区では戸建住宅(21棟)を分譲する計画だ。 富山市が進める今回の整備事業は、市…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー