木質バイオマス燃料の生産実証設備、設置決まる【日本製紙】タイ企業と共同研究開発契約を締結

[画像・上:タイ東北部にあるPPPC社コーンケン工場の全景] 日本製紙はこのほど、タイのSCGパッケージング社フィブラス事業部門会社(PPPC社)と、木質バイオマス燃料に関する共同研究開発契約を締結した。PPPC社が保有する木質バイオマス資源を活用し、比較的低温で木質バイオマスを炭化させる「トレファクション技術」を用いた木質バイオマス燃料(トレファイドペレット)の生産実証設備をタイ国内に設置…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー