岩手県八幡平市で新たな地熱発電所運開【安比地熱】「安比地熱発電所」1万4,900kW

3月、新たな地熱発電所である「安比地熱発電所」が岩手県八幡平市で運開した。 同発電所は八幡平市の西部で、安比高原と呼ばれるエリアにある八幡平国有林内に位置する。敷地面積は約18万平方m。定格出力(発電端)は1万4,900kWで、一般家庭約3万6,000世帯分の電力に該当する。FIT制度を活用している。 発電事業のルーツは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業による地熱開…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー