空港特殊車両にバイオ燃料を導入【成田国際空港】車両への影響や供給体制の構築など実証で検証

成田国際空港(千葉県成田市)は3月4日より、消防車や給水車などの空港特殊車両にバイオ燃料のリニューアブルディーゼル(RD)を導入し、車両への影響確認や供給体制構築へ向けた実証実験を開始した。空港特殊車両の脱炭素化を目的としたもので、実証実験はRDを本格導入するまで行われる。 [画像・上:実証実験の概要(提供:成田国際空港)] RDを使用する車両は、消防車、給水車、医療用機材搬送車、給…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー