小型・中型の樹木粉砕機2機種新登場【諸岡】高性能カッターで良質バイオマスチップ製造も

[画像・上:ガソリン仕様のMC-140GHB] 諸岡(茨城県龍ヶ崎市)はこのほど、樹木・竹・剪定枝などの粉砕処理に最適な樹木粉砕機「MC-140GHB」と「MC-300D」の2機種を発売した。 MC-140GHBは、最大処理径13cm、最大処理能力は毎時2.8㎡で燃料はガソリンを使用する。2枚のチッパーナイフとシュレッダーナイフを使用し、効率よく樹木をチップ化することが可能である。 …

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー