【日本ユニシス/チャレナジー】強風に負けない「台風発電システム」共同事業開始

日本ユニシスとベンチャー企業のチャレナジー(東京都墨田区)は、台風下でも発電可能な「次世代風力発電サービス」の開発と事業化を共同で推進していくことに合意。両社は8月7日から沖縄県南城市で実証試験を開始する。 チャレナジーは、台風エネルギーを電気に変える「台風発電」を可能にするため、プロペラ翼を持たない風力発電機「垂直軸型マグナス風力発電機」の開発を進めている。円筒を気流中で自転させた際に発生…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー