【福島新エネ社会構想実現会議「骨子」まとまる】20年、福島産・再エネ由来水素の大規模製造開始へ

[画像・上:5月に締結された、福島産CO2フリー(再エネ由来)水素利活用に関する東京都・福島県・産総研・東京都環境公社による4者協定のイメージ(東京都資料より)] 震災と原子力発電所事故を経験した福島県から、新エネルギー社会のモデルを世界に発信することで、福島県が「再生可能エネルギー先駆けの地」となることを目標に掲げる「福島新エネ社会構想」。その推進の筋道を議論している官民共同の「福島新エネ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー