【損保ジャパン日本興亜ほか】風力発電所リスク評価モデル開発

損害保険ジャパン日本興亜と同グループのリスクコンサルティング会社SOMPOリスケアマネジメント(東京都新宿区)は東京大学、SOMPOキャノピアス (英国)と日本の陸上・洋上風力発電所を対象としたリスク評価モデルを共同開発した。 損保ジャパン日本興亜グループは今後、同評価モデルを使って、自然災害や故障による損害、故障・事故時の運転停止に伴う利益損失をコンピュータシミュレーションで評価する。損保…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー