かりゆしバイオパワー、宜野湾市下水処理場のバイオガス発電事業が始動

かりゆしバイオパワー(沖縄県那覇市)はさきごろ、沖縄県の宜野湾浄化センター(宜野湾市)で汚泥から発生する消化ガスを使ったバイオガス発電事業が始動した。プラントの発電能力は1,460kW、年間推定発電量は一般家庭1,760世帯分の年間消費量に相当する640万kWhを見込んでいる。 [画像・上:10月12日に行なわれた発電開始式で、発電機起動セレモニーの様子(提供:沖縄県土木建築部下水道課)] …

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー