積水化学が開発した薄型LiBユニットで京セラが蓄電システム構築 セキスイハイムの新築住宅モデルに採用

積水化学工業と京セラは12月12日、新たなリチウムイオン電池(LiB)の事業化を発表した。 [画像・上:積水化学製のフィルム型電池で構成される、京セラ製リチウムイオン電池ユニット(提供:京セラ)] LiBのセルは積水化学が開発。電解質には有機ポリマー系材料(高分子物質)を用いている。通常の有機溶媒系と違いゼリー状の物質だ。この電解質が、「フィルム型」と呼ばれる5.1mm以下の薄型セルを…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー