「富岡復興ソーラープロジェクト」発電所起工式挙行 売電益は地元被災地復興支援に活用

福島県・浜通り地域の街である双葉郡富岡町で、太陽光発電事業が進められている。事業名は「富岡復興ソーラープロジェクト」。地域住民が主導して、東日本大震災からの復興に資するエネルギー事業を目指している。 [画像・上:発電所の完成予想図。2018年6月の完成が予定されている(提供:一般社団法人富岡復興ソーラー)] 福島第一原子力発電所の事故によって農地として使用できなくなった、現地の約34万…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー