「電力需要予測システム」の実証試験を開始 丸紅新電力/日本気象協会がPV用に開発

丸紅新電力(東京都中央区)と日本気象協会(東京都豊島区)は1月25日(水)、2月1日から新電力需要予測システムの実証試験を開始すると発表した。 電力需要は日々の天候や、地域の気候条件によりその傾向が大きく変化する。このため、電力需要を精度よく予測するためには、こうした傾向の変化や違いを的確に捉え、電力需要構造を理解することが重要となる。両者は、「丸紅新電力が過去16年間に電力小売事業で培って…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー