インドネシアで80MWの地熱発電所着工 =住友商事ほか

住友商事はさきごろ、インドネシアの西スマトラ州で「ムアララボ地熱発電所」の建設を始めたと発表した。3月24日に着工しており、2019年10月の商業運転開始を目指す。 [画像・上:「ムアララボ地熱発電所」地図(提供:住友商事)] インドネシアの民間発電事業デベロッパーのシュプリーム・エナジー社、フランスの電気・ガス事業者のエンジー社と共同で取り組んでいる事業で、総事業費は約700億円。 …

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー