タクマが有明第二発電所から新設備受注 発電規模6,250kW、燃料は熊本県内の一般木材・未利用木材

タクマはさきごろ、有明第二発電所(熊本県荒尾市)よりバイオマス発電設備を受注したと発表した。 [画像・上:「荒尾バイオマス発電所」の発電施設(提供:タクマ)] 有明第二発電所は、タクマがバイオマス発電設備を納入した有明グリーンエネルギー(熊本県荒尾市)の出資により設立された発電事業会社。有明グリーンエネルギーは、産業廃棄物処理、収集運搬会社、バイオマス燃料製造・販売会社、木材加工業者の…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー