廃プラのガス化処理設備のEPCで協業を検討【日揮/荏原環境プラント/宇部興産/昭和電工】廃プラのガス化ケミカルサイクルを推進

日揮、荏原環境プラント、宇部興産、昭和電工の4社は8月28日、廃プラスチックのガス化処理設備のEPC(設計・調達・建設)に関わる協業の検討を開始したと発表した。 [画像・上:廃プラスチックのガス化ケミカルリサイクル フロー図(提供:日揮)] 廃プラスチックのガス化処理設備のEPCには、荏原環境プラントと宇部興産が開発したEUP(Ebara Ube Process)を活用する。EUPは…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー