「中部圏水素利用協議会」組成【中部電力/東邦ガス/トヨタ自動車ほか】水素の大規模利活用を検討

3月6日、民間企業10社が共同で中部圏における水素の需要拡大と、安定的な利用のためのサプライチェーン構築を目指し、水素の大規模利用の可能性を検討する「中部圏水素利用協議会」を立ち上げた。 [画像・上:水素の利活用を拡大する上で、象徴的な存在となる中の一つが燃料電池自動車(FCV)だ。写真は、再エネ水素の製造施設「福島水素エネルギー研究フィールド」(FH2R、福島県浪江町)の開所式会場で実走…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー