燃料・電力運用ガイダンスシステムを導入【JFEスチール】製鉄所の省エネを実現

JFEスチールはさきごろ、国内の製鉄所の燃料・電力運用における省エネとCO2削減、コスト最小化を目的に、オペレータによる運用を支援するガイダンスシステムを開発し、西日本製鉄所(倉敷地区、福山地区)で運用を開始した。 [画像・上:ガイダンスシステムの概要(提供:JFEスチール)] 同社は、フィジカル空間(現実世界)の莫大なセンサー情報(ビッグデータ)をサイバー空間に集約し、これを各種手…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー