JR東・高輪ゲートウェイ駅の照明をPLCで制御【パナソニック】工費削減・工期短縮に貢献

パナソニック ライフソリューションズ社は東日本旅客鉄道(JR東日本)と共同で、PLC(Power Line Communication:電力線通信)経由で調光調色が可能な駅ホーム用の照明制御システムを共同で研究開発。山手線では49年ぶり、京浜東北線では20年ぶりの新駅として3月14日に開業した「高輪ゲートウェイ駅」に合計594台のPLC通信部内蔵駅ホーム用照明器具を納入した。同社によると、PLC…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー