温対法・促進区域で実施する再エネ事業の募集開始【徳島県阿南市】50カ所以上の市所有施設・土地を皮切りに設定

徳島県の南東部に位置する阿南市(人口約7万人)は今般、地球温暖化対策推進法(温対法)に基づき市内に設定した、地域脱炭素に資する再エネ事業の促進区域に関して、促進区域で行われる地域資源を活かした再エネ事業(地域脱炭素化促進事業)の実施事業者(事業認定)の応募を開始した。 [画像・上:阿南市が試算した市内の再エネポテンシャル。足下の市内年間エネルギー消費量(約83万MWh)を大きく上回る(資料…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー