宮崎県内企業50社にCO2排出量可視化クラウドサービスを無償提供へ【e-dash】県・GHG排出ゼロ事業の一環

CO2排出量可視化クラウドサービス「e-dash」を提供するe-dash(東京都千代田区)はこのほど、宮崎県の委託を受け、県内50社の脱炭素化の取組をサポートすると発表した。 [画像・上:ゼロカーボンひなたチャレンジ(提供:e-dash)] プログラム名は「ゼロカーボンひなたチャレンジ」。宮崎県内に事業所を有する企業が参加対象で、先着50社が2024年3月末まで同社の支援を無料で受け…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー