牛糞由来の液化バイオメタン、「ロケットZERO」燃料に採用=エア・ウォーター北海道/インターステラテクノロジズ

産業ガス関連事業のエア・ウォーター北海道(札幌市)と液体燃料ロケット開発のインターステラテクノロジズ(北海道大樹町)はこのほど、北海道十勝地方の未利用バイオマスである家畜ふん尿から製造した液化バイオメタン(LBM)を、小型人工衛星打上げロケット「ZERO」の燃料として使用することを決定したと発表した。 [画像・上:帯広市にあるLBMの製造プラント(提供:エア・ウォーター北海道)] 両…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー