≪【特集】SMART ENERGY WEEK【春】出展社ピックアップ≫④英弘精機

英弘精機
太陽光発電展
ブースNO.E12-13

[画像・上:太陽電池評価システム「PV‐Blocks」]

英弘精機は太陽光発電所の性能評価・保守管理に広く利用される日射計、ポータブルI-Vチェッカーなどを出展。また新しい太陽電池評価機器「PV-Blocks」を初出展する。

太陽光発電所の評価の基本となる日射量の測定。英弘精機は全てのISOクラスの日射計を生産する国内唯一のメーカーだ。ブースでは最新製品の防露防霜クラスA日射計を展示する。さらに回転式シャドウバンドを日射計と組み合わせ、散乱日射量を測定できるシステムを参考出展する。散乱日射量は両面受光型太陽電池の評価への需要が高まっているが、既存の測定システムは導入コストが高かった。GPSにより太陽位置を捕捉し、シャドウバンドで日射を遮蔽するシステムで、価格を抑え、かつ高精度な測定を実現している。

また英弘精機は、様々な太陽電池の性能評価システムで納入実績を有しており、最近ではペロブスカイト太陽電池をはじめ、次世代型に向けた提案が増えている。新製品の「PV-Blocks」は拡張性に優れた性能評価システムで、連結型のセンサを柔軟に組み合わせることができるため、実証試験などで使用しやすい。マルチチャンネルでIV計測と最大電力追従制御(MPPT制御)を行い、実稼働状況で電力評価できる。大出力モジュールにも対応する。

なお英弘精機は、WIND EXPO(W26‐33)にも出展する。風況観測用のドップラーライダーのほか、接続する燃料電池も展示する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー