和歌山県新宮市でバイオマス発電事業を推進【フォレストエナジー】紀南地域の未利用木質バイオマス資源を活用

バイオマス発電所の開発・運営を営むフォレストエナジー(東京都品川区)はさきごろ、和歌山県新宮市で新たに木質バイオマス発電事業を推進していると発表した。 [画像・上:シンクラフトの設備を導入したオーストリアの発電所(提供:フォレストエナジー)] 同事業のために新たに設立した「新宮フォレストエナジー合同会社」が事業体となり、今春着工、2019年夏の商業運転開始を目指しているという。計画通り…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー